医療向けシステム、コンテンツ・デジタルサイネージの制作、地域情報発信

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

『UST配信STUDIOもちいどの』奈良にオープンしました!



Reblog this post [with Zemanta]

ニュース:個人情報/東京の会社、土地所有情報を紛失

個人情報:東京の会社、土地所有情報を紛失 伊達市、いわき市の40万件分 /福島

コンサルタント会社「パスコ」(本社・東京都目黒区)の「東北事業部」(仙台市)は21日、伊達市といわき市の全土地の所 有者の氏名や住所などの データ計40万1250件を記録したポータブルハードディスクを紛失したと発表した。悪用されたとの情報はないという。

同社によると7日午後6時20分ごろ、男性社員が柳津町で業務を終えて仙台市に乗用車で帰る途中、普段持ち歩いていたハー ドディスクの紛失に気付 いたという。同社が19日まで捜したが見つからず、同日夕に会津坂下署に紛失届を提出したという。

同社は両市から、土地の情報と図面を電子化する作業を請け負っていた。伊達市分は、都市計画策定などに使用するデータ計 24万4038件(07年 1月1日現在)、いわき市分は固定資産税の課税データ計15万7212件(09年1月1日現在)。ハードディスクには宮城県多賀城市の全土地4万7764 件のデータも含まれていた。

契約では、データは作業終了後に破棄することになっていた。同社は「作業を終えたのに社員がなぜデータを破棄しなかったの かなど原因を調査し、再 発防止に努めたい」と話している。【金寿英】毎 日jp

Reblog this post [with Zemanta]

Microsoft、ついに『Windows 7』のサービスパックについて明言

数か月にわたる沈黙を経て、Microsoft がようやく『Windows 7』と『Windows Server 2008 R2』を対象とした初のサービスパック (SP) について明言した。

とはいえ、Microsoft はその独特の流儀によって、『Windows 7 SP1』に関する新しい情報をあまり多く明らかにしていない。

ある程度予想できたことだが、Windows 7 SP1 における変更点の多くは小規模なもので、大半が安定性とセキュリティ、そして新しいデバイスドライバなどの増分アップデートに焦点を合わせたものだ。

Microsoft の広報担当 Brandon LeBlanc 氏は18日、『Windows 7 Team Blog』の記事で次のように述べた。「Windows 7 用の SP1

は、小規模なアップデートだけになる。これらの中には、すでに『Windows Update』を通じて提供している従来の更新もある」

たとえば、Windows 7 が一般発売となった2009年10月末以来リリースされた、一連の信頼性に関するアップデートが SP1 に入ることになる。

しかし Windows Server 2008 R2 用の SP1 は、もっと内容が多い。LeBlanc 氏は記事のなかで次のように語った。「Windows Server 2008 R2 の場合、SP1 で『Microsoft

RemoteFX』と『Dynamic Memory』というデスクトップ仮想化の新機能2つを提供する。これらの機能は、Windows

Server 2008 R2 を使った環境で仮想化を利用するなかで、当社顧客のますます増加する需要に応えるものだ」

なお『Windows Server Division Weblog』の記事では RemoteFX について、ファット クライアントまたはシン

クライアント上で、『Silverlight』や『Flash』などを用いた各種コンテンツを表示するためのものだと説明している。

一方 Dynamic Memory は、ゲストの仮想マシンが使用するメモリ量を、動作中に管理者が調整できるようになる。Blog 記事によると、Dynamic Memory は Windows Server 2008 R2

のハイパーバイザ『Hyper-V』を「強化」するものだという。

Reblog this post [with Zemanta]

トレンドマイクロ、ネット上のデータ「カギ」で利用制限・消去

情報セキュリティー大手のトレンドマイクロはインターネット上のデータを管理し、任意に消去もできる「カギ」のような技術を開発し、年内に米国で発 売する。ネット経由でソフトウエアなどを提供する「クラウドコンピューティング」に対応した情報保守を目的に売り込む。クラウドの普及に関してはネット上 の資料や画像などの管理が課題となっており、新技術は注目を集めそうだ。

エバ・チェン最高経営責任者(CEO)が基本方針を明らかにした。新技術は資料や画像などの電子データに「カギ穴」のようなプログラムを付けて、資 料や画像などの管理者が「カギ」を持つ仕組み。カギがなければ他者が閲覧・利用することはできず、データがネット上のどのサーバーに存在するか、すぐには 分からなくなっても管理が可能だとしている。
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=ASGM1301D%2015032010(シ リコンバレー=岡田信行)

Reblog this post [with Zemanta]